2009-2010 リーグ終了

シーズンが一昨日、インテルの5年連続優勝で幕を閉じた。
一昨日のミラノは、インテルの青黒のチームカラー一色という感じだった。すでにインテルは、COPPA ITALIAも制しており、残りのヨーロッパチャンピオンズリーグのファイナルを22日に控えている。これに勝てば3冠だから ちょっと真似できない。

私がトップチームで働き始めてからずっとアンチェロッティ―監督だったが、今年は、レオナルド監督で、彼が私にとって2人目の監督であった。
まあ、いろいろ感じるものがあるが、2人とも「選手を管理する」というよりも「選手と共に」という感じであっあり、、レオナルドは、監督業が初めてで、選手は、年配の経験豊富な者が多い分、想像する以上に大変だったと思う。
そして、誰からも良い人といわれる人間性であるため、監督業は向いていないのではという批判はあったが、カカをレアルマドリッドに放出し、後半戦は、パトを怪我で使えずということを考えると、3位という成績は、立派なものだと思う。

監督業を考えるといろいろあるが、この仕事は、30%がサッカーの知識、経験で、残りの70%は、その監督の持つ個性というか生き様みたいなものが重要となってくるように思う。
この試合でどう戦うとか誰を使うとかでなく、どうまとめるか、どのように選手をおだてるか、どこで見切りをつけるか、どこまで我慢するか等が、重要な鍵になるように思う。
いろんな監督がいて、いろんなやり方があり、何が正しいというのはない。だた、勝つことが監督の仕事である。でも年間通じて勝つということは、1試合勝つのとは違い、サッカー以外の事が重要となってくるように思う。

ところで、我々医療部の今年は、結果的に怪我人に対しての対応が十分では無かったいうことで この責任を誰がどうとるのかということになっている。
私もどうなるか分からない。(と言いつつ10年が経過したけれど)ビッククラブのドクターは、本当に大変だと思う。

チームは、23日からアメリカ遠征があり、ワールドカップ組の代表選手は、休暇となる。
そして、7月20日から 来シーズンが始まる。
どうなることやら 

コメント

  1. なかなか落ち着かない状況だとは思いますが、昨年とは違った新シーズンがやって来ます。
    ぜひやりがいのあるポジションを確保してやりきってください!応援しております。

    返信削除
  2. レオナルド監督、今期で契約解除のようですが
    次はどこのチームを指揮するのかな?

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

日本のプロスポーツ界における医療システムの未熟さ(1)

staff meeting

お知らせ