あなたは、朝方それとも夜方?

私は、大学時代より朝食をきちんととるようになった。
決して自己管理が出来ているのではなく、寮生活で、しかもサッカー部員の自炊だったので、朝、全員、起床、そして一緒に体操をし、朝食するからだった。
これを4年間も続けたため、朝飯をしっかりとる習慣がつき、社会人になってからも朝食をしっかり取らないと、調子がでない身体になってしまった。
その後、この習慣は、身体に良いものだと私自身は、てっきり思っていたし、健康的であると思っていた。

ところが、そうでもないようだ。

イタリア人の朝は、ブリオッシュ(クロワッサン)とカプチーノが通常人のお決まりコースである。
これで、13時までお腹が持つのかと心配してしまう。
しかし、これは、どうも 道理が通っているようである。
詳しくは、後日書くが、朝、軽く食べる(エネルギーを補給しない)ということは、肝臓に溜まった(昨晩中に貯蓄された)エネルギーが午前中に消費され、溜まったエネルギーを消費する「身体のシステム」が出来ているということになるそうである。
これが、身体には良いとのことだそうだ。
朝、しっかり食べるとその貯蓄されたエネルギーが使われず、そのままになると、脂肪として身体に蓄積されたしまうことになってしまうらしい。
従って、エネルギー代謝の点から考えてみて良くないようである。
しかし、私は、夕飯はワインとつまみで済ましてしまう事が多いので、時々お腹がすいて目が覚めることもあり、気分というか体調が良い感じがする。
従って、朝食を摂る摂らないというのは、夕食との関係があるのでどちらが良いと一概に言えないようであるが、
皆さんは、どちらはですか?
また、専門家のご意見をお聞かせください。

コメント

  1. 体が求めているものを過食することなく自然に頂くのが良いと思います。私もそうしてます。朝ごはんを食べたくないときはきっと前日暴飲してお腹が疲れているのでしょう。食べたくないけどつきあいでしぶしぶしぶ。。とか時間だからとにかく食べなきゃっていうのが良くないと思うのですが。医学的根拠は全くありませんが体重は増えません。お腹がすいて目が覚めるなんて、気持ちのよい朝ですね!

    返信削除
  2. 絶対にどっちがいいとも言えないので
    自分の体質に合っているのが一番と言えるのではないでしょうか・・・

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

日本のプロスポーツ界における医療システムの未熟さ(1)

パーソナルトレーナー

日本のプロスポーツ界における医療システムの未熟さ(2)