引退

先日、ロナルドが正式に引退した。
私が、ミランに来た時、彼はインテルでプレーしていたが、何しろ物すごい選手だった。
左右の膝蓋腱断裂という不運に遭いながらも、そのプレーはスーパースターとしての貫録があった。
2回目の膝蓋腱断裂の際には、私もチームに帯同していたのでその時のロッカールの様子を今でもよく覚えている。
また、以前にも書いたが、アンチェロッティ―監督との会話は、彼のユーモアあふれる人間性がでている。(どこに書いたか探してもでてこない)
今でも オランダのPSVアイントホーフェンのロッカールームへ通じる廊下の壁には、18歳でブラジルから移籍した時の彼の顔写真がまだあるのだろうか。あの間の抜けた写真を見てみんなで笑った事を憶えている。
彼は、ストライカ―としてのすべてを備えている。ゴール前の混戦でのゴール。ドリブル突破でのゴール。ロングシュートでのゴール。ヘディングでのゴール等、どこからでも いつでも得点できる。そうかと思えば、相手の逆をとったシュートもできるし、正確なフリーキックもできる。まさに理想的なストライカーだった。
毎日の練習中におけるミニゲームでの彼のディフェンス選手とのかけ引きは、見ていてとても楽しかった。
私生活でもいつもリラックスしていた。(リラックスし過ぎていたという人もいたが)
私は、2007年のトヨタカップ出場の際、彼が横浜のヨドバシカメラで最新の電化製品を買って来て子供のように喜んでいじっているのをみて、「こんな物はイタリアでも買えるのになぜわざわざここで買うのかい?」と聞くと 「だってイタリアで買ったら3割位高いんだぞ!」という答えが返って来た。年収が10数億円の人もこんなことを考えているのかと思ったので 記憶に残っていた。
とにかく 楽しい思い出が沢山あるが、これくらいにしておこう。
昨日は、イタリアSKYでロナルドの特集をやっていたが、改めて偉大さを感じた。ペレ、マラドーナと並ぶ選手と思っているのは私だけではないと思う。

コメント

  1. 甲状腺障害が出てるとの記事も読みましたが。そんな中でのプレーはすごかったですね。さすが怪物さんだな!

    返信削除
  2. すごい選手でした。
    だからこそミランに来てくれた時は嬉しかったです。その、2007年の来日の時にサインをもらえたのが、何よりの思い出。

    今後どうサッカーに関わっていくのか、気になります。

    返信削除
  3. 本当にすごい選手でしたね。
    彼がミランに来て初めてのミラノダービーで、インテルファンが笛を鳴らしてものすごいブーイングをしている中で、あっさりと先取点を獲って見せたのが印象的でした。

    横浜での彼はビデオ係みたいになってて面白かったですね。
    楽しそうでした。

    返信削除
  4. ロナルド選手がレアルマドリード在籍中来日したとき試合を見に行きました。当時ベッカム、ジダンもいたことを思い出します。30分ペアでドリブルしながらシュート体験したときそのエネルギー消費を実感しました。90分のパーフォーマンスやプライベートについて批評するのは簡単。アスリートは自分と戦い、時にケガとも戦っている。On-Off switchはひとさまざま。遠藤さんは裏舞台でそれを見ることができる。Happy work。I hope to do that in the Holland.

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

日本のプロスポーツ界における医療システムの未熟さ(1)

パーソナルトレーナー

日本のプロスポーツ界における医療システムの未熟さ(2)