最終コーナーは、過ぎたけれど

遠藤家の長女は、縁あってこの8月からアメリカへ行き、二女は、来年の3月には、日本の高校に行きたいと言って、受験生モードに入り始めている。
長男は、あと2年でこちらの高校を卒業する。
となると 2年後には、こちらミラノ生活も一区切りがつく。
そろそろ、本気でこの先のことを考えないといけない。
どうするべきか!
とにかく、二女の学校が決まってから先の事は考えよう。

コメント

  1. 家の長女は昨年地元の公立高校に入学しました。小学生から始めたサッカー(クラブ)を部活で続けています。お子さんは日本の高校を希望する理由はなんでしょうか?うちの子は留学をして英語を習得して英語の教師になりたいという夢があります。

    返信削除
  2. お宅のお子さんが留学したいように私の子も日本にすむことに憧れているようです。日本の学園物のドラマに憧れてしまったようです。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

日本のプロスポーツ界における医療システムの未熟さ(1)

パーソナルトレーナー

日本のプロスポーツ界における医療システムの未熟さ(2)