プロとアマの違い




最近、自分の肩が調子悪いので、勉強し始めたが、世界中、治療法、運動方法は、対して変わらない。

しかし、 同じことをやっているつもりでも トップクラスとそうでないレベルとでは、微妙に違いがある。そこに、すべてがある。

これを見てほしい。



ちょっとした意識の違いで肩の動きは、100%違うのが分かりますか?

コメント

  1. 画像が見れません(>人<;)僕のiPhoneだけですか(>人<;)

    返信削除
  2. http://www.youtube.com/watch?v=jNrkXMrwM10 を見てください

    返信削除
  3. はじめまして。100%違うって見方をどうすればはっきりわかるかしら?
    英語、ほとんどわかりませんが、トレーナーさんが丹田を指摘された後は腰がフラフラしてないように見えます。
    丹田がはまらないと、あちこちに無駄な負荷がかかり痛めやすいってことでしょうか???

    返信削除
  4. この人は、肩のトレーニングをしているのですか?それとも腰を使った振り子運動をしているのですか?どっちなのでしょうか?最初の動きなら 100回くらいできそうですね。

    返信削除
  5. 返信ありがとうございます。どちらかと尋ねられたら「肩のトレーニング」?でも最初の動きで100回もすると腰を痛めそうに見えました。親指を立てる指摘もされてますね・・
    ちなみに私の仕事はトレーナーでなく音楽の演奏家です。加齢とともに体のあちこちを痛めブザマなパーフォーマンスになり教師業にシフトする人が多いです。体の使い方も悪いのでは?
    この動画に興味があるのですが、どこの何をどうやって見たらよいのかわかりません。最初が悪い動き、後ろが改善されてトップクラスの動きなのですよね?えっ逆でしょうか???
    畑違いの者でお恥ずかしいですが、ご教示いただけると嬉しいです。

    返信削除
  6. 私は、このVIDEOを見て、前と後の違いを感じてくれれば、良いと思いました。どんな練習をしているのか?ではなく、何を鍛えたいのか、何のトレーニングをしたいのかの方が大切だということをいっています。お腹にちょっと力を入れただけで、きちんとした肩の筋トレとなりますが、目的意識がないと、肩を動かしていると思っているのが、腰を動かしているだけとなってしまいます。
    トレーニングのポイントを押さえないといけないということです。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

日本のプロスポーツ界における医療システムの未熟さ(1)

パーソナルトレーナー

日本のプロスポーツ界における医療システムの未熟さ(2)