経験



あの人は、経験があるというが、経験とは、どういうことなのだろうかと思うことがある。

経験とは、何回も失敗して、何回も成功することをいうのではないかと思う。

特に、我々の年齢になると、経験をしていないと恥ずかしい場面に出くわすことがある。
ということは、失敗を重ねていないことが恥ずかしいということになるのだろうか。

しかし、世間一般的に幼少期から青年期は、失敗することが恥ずかしいという雰囲気がある。

これは、たいへんおかしいことだ。

したがって、若い時には、沢山失敗し、年配になってからは、あまり失敗しないようにしたい。
これが、成長であり、歳をとるということであり、経験があるということなのだろう。

先日、トレーナー研修会の際、ACミランの2NDチームの練習を見学したが、ピッポ インザーギ監督の声のかけ方、テンポ取り方がとても良かった。
そして、選手を叱る言葉は、全く無かったし、選手を振るいたたせるような言葉しか発していなかった。

選手は、その言葉に踊らされて 一生懸命プレーする。そして 失敗しても、ピッポ監督の言葉は、
「ガンバレ!ガンバレ!次にガンバレ!行け! 行け!次だ!行け!」というポジティブな言葉しか発しなかった。

私は、選手時代のピッポしか知らなかったが、大変魅力的な監督になってきているように見えた。



コメント

このブログの人気の投稿

日本のプロスポーツ界における医療システムの未熟さ(1)

パーソナルトレーナー

日本のプロスポーツ界における医療システムの未熟さ(2)