人生いろいろあるんだな

書き出しが、「いつも みなさんご無沙汰しています。」で始まってしまう。

ミランを辞めて8ヶ月が過ぎた。 9月にLOPEZ選手の個人的な要望で1ヶ月ほどミラノに行って、彼の治療をした。良い感じで治療を終えたが、やはり、練習後の治療がないと練習を継続できないようだった。

そして、先日、同僚のモロージから連絡があり、「すぐに来れないか」という電話だった。1ヶ月後ならスケジュールの調整は付くからそこで行くよというと、「5日間でも良いからすぐ来い!」ということだった。

チームの事情の急変で、遠藤をクラブが必要としているから、「今来た方が良い」と言われ、「じゃ、明日、医院長の承諾を得れたら、5日間行くよ」と言って 結局、2月10日から6日間行ってきた。

「もう一度、ミランでやれないか?」というミランからの相談だった。
私は、日本に本拠地を置いた生活があるため、無理だ!
でも、日本とミラノを往復することを許可してくれれば、話に乗っても良いと主張すると「それで問題はない」と一昨年6月の契約更新時に要求したことをあっさり承諾された。

今までは、ミランを辞めたら もう帰って来ることは絶対ないと思っていたし、我々の同僚にもそういう者はいなかった。

今回の再契約の条件は、3月から1/3を日本、2/3をミランという内容。

こんな事ってあるんだな!

身体が参ったり、鍋島整形がうまく回らなければ辞めれば良いだけだから。

軽い気持ちで行こうと思う。

それにしても 人生何があるか分からない!

人生万事が塞翁が馬!




コメント

  1. ブログの更新を楽しみにしています
    大変だと思いますが、1ヵ月に最低一回は書いて欲しいです
    または頻繁にツイッターで短くつぶやきと
    写真を載せて欲しいです
    よろしくお願いします

    返信削除
  2. ミラン復帰ですか! ホントに…人生何があるか分かりませんね。

    なかなか軌道に乗れなかったミランも、ここへきて何とか形になりつつあるので、日本との往復は大変かと思いますが宜しくお願いします!

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

日本のプロスポーツ界における医療システムの未熟さ(1)

パーソナルトレーナー

日本のプロスポーツ界における医療システムの未熟さ(2)