鍼師

御無沙汰しています。
今シーズンも始まり、まだ、ミランで生活しています。
先程、サーチナでこんな記事を見つけました。
ドイツでは、日本の鍼師が活躍しているようです。時代は、流れているようですね。
私の生活は、変わりませんし、ドクターとの関係は、悪くなる一方です。
13年もACミランにいると、言いたいことも言いたくなります。

今年は、どうなるのでしょうか? 

コメント

  1. いいと思います。
    なかなか、黙っているだけでは伝わらない事は沢山あります。
    伝えなければ、誤解が不信を招いてくる事もあると思います。特に日本以外では、、、

    返信削除
  2. 一度好きになるとなかなか2012年9月10日 8:44

    パト君は難しいのでしょうか?
    ブラジル代表では比較的元気なのにミランに戻ってくると・・・

    返信削除
  3. 遠藤さんをはじめ、鍼灸師の方がヨーロッパで活躍される事は、同じ鍼灸師として誇りに思います。
    私もスポーツ選手を治療していますが、遠藤さんのようにもっと解剖学、運動学的見地から治療していかなければと思います。
    そして、ドクターとも意見を言い合える立場になりたいと思います。
    今シーズンも頑張ってください!

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

日本のプロスポーツ界における医療システムの未熟さ(1)

パーソナルトレーナー

日本のプロスポーツ界における医療システムの未熟さ(2)