ページ

2016年6月6日月曜日

新しい試み


以前から講習会、講演会等を行っているけれど、新しい試みとして、商品販売をすることにしました。

私が、トレーナーの仕事を始めて30年以上経ちますが、私がこれは面白いという商品、これは役立つ商品を販売していこうと思います。

その第1弾として、ミニバンドを作ってみた。

今や、アメリカ、ヨーロッパのスポーツ界では、補強体操として ミニバンドを使うことは当たり前になっています。これは、一種の流行りではなく、トレーニングの1つとして捉える必要があると思います。

このミニバンドを使って鍛える筋のトレーニングは、沢山あります。

「you tube」でミニバンドトレーニングと検索すれば、簡単に見つかります。

私の講習を聞いた人は分かると思いますが、このミニバンドでお尻の筋である中殿筋を鍛えるのです。
これをやるだけで 膝痛、アキレスけん痛等のアライメントの異常から来る痛みの大半を除去できます。

私は、高校時代に膝を捻じって膝の中はボロボロになってしまいました。靭帯の再腱術の手術を受けても壊れた膝は治らず、人工関節を入れるのを待つだけ、となっている状態です。
脚はO脚になり、歩行中に刺すような激痛に襲われることがありました。

そこで、治療家として、自分の膝も治せないのは恥ずかしいと思い、色々と自分の膝に試しました。そして、色々試した結果が、中殿筋の強化でした。

ここである選手のお尻の動きを見たら皆さんも納得してくれるでしょう。




video
片方の筋がないのです。



内転筋痛等の違和感をしめすグローイングペイン、膝痛、アキレス腱痛の原因の1つにこの中殿筋の機能不全があります。

つまり、脚の付け根の筋がしっかり脚を操作できないと脚がブレてしまい、弱いところに痛みが出るといことです。

そこで 私の名前でこのミニバンドを作りました。他社には負けない価格と品質です。
ぜひ購入して試みてください。
また、これは、スポーツ選手に限らず、OAの進んだ膝痛のじいちゃん、婆ちゃんにも効果があります。


購入されたい方は、こちらのサイトに








2016年5月23日月曜日

終了

3月から再契約をミランとし、今シーズンが終了した。今日、帰国する。
一昨日のコッパイタリアの決勝は、負けたものの久しぶりにいい試合内容だったように思う。しかし、負けは負けである。

毎試合あれくらい走ることができれば、自分たちのサッカーもできるように思う。
特に、後半になってプレーが雑になったり、集中力がきれたりする等は、すべて持久力の開発がされていないからではないだろうか。
ホンダ選手があれだけ後半もプレーの精度が落ちないのは、なぜなのかミランのスタッフは考えるべきなのだが、どうもそうならない。

私の説得力がないのかもしれないが、フィジカルを専門とすればするスタッフほどパワーとかアジリティーとかしか考えていない。
サッカーのフィジカルは、エアロビックというベースが大切だと思うが。

最近は、GPS等を使って選手のコンディションを常に把握できる。しかし、ベースをきちんと捉えていなければ、砂上の楼閣である。

サッカーという競技を上達させるには、サッカー現場のスタッフとサッカーと全く関係ない何かのスペシャリストの調和が重要であり、科学的な根拠も中途半端なスタッフが発展を止めているのではないかと思う。

まあ 私がその中途半端の代表のようなものだけれど、今後は、現場のスタッフと研究者との間をうまくコーディネートしていく仕事をしたい。

2016年5月11日水曜日

次回は何を食べようか!

今日は、一人で これをスーパーマーケットの中の食堂で食べました。

tagliata di manzo con patate 8.9ユーロ
水1リットルとたくさんのパン 1ユーロ
キアンティワイングラス    2ユーロ(ワインお変わりはしませんでした。)

 

日本では、1人の時は、ラーメン屋かココ一番のカレーを食べていましたが
イタリアは1人でレストランは、ちょっと寂しい感じがして抵抗があったのですが、
スーパーマッケットTIGROSの中で一人はおかしくない感じです。ボリュームもあったし